出不精の行き先は。

日々思うこと。おこなったこと。。感謝です。

ゴッホとゴーギャン展 愛知県美術館

f:id:rube_shu50:20170126223627j:image

初日は500人待ちとの事。


日本での開催は東京都美術館愛知県美術館のみ。
東京都美術館では約40万人
海外からの問い合わせもあると。

 

愛知県美術館での展示は照明がLEDのため明るい。
東京都美術館に比べて観やすい。

子供用の解説もあり。

 

2人ともピサロの影響を受けている。

 

ゴーギャンの妻 デンマーク コペンハーゲン出身。
初期の作品はコペンハーゲンで描かれている。


2人で生活するが、ゴーギャンの作戦でもあったのか?


生活費などはゴッホの弟さんテオが工面してた?

 

耳切事件がありその2日後には離れている。
2ヶ月で2人の生活は終わり。

 

ゴーギャンは2度タヒチに行っている。
初めは、うまく行かなくて帰ってきたが、2度目にはもう帰ってこなかった。


「肘掛け椅子にひまわりの花」の作品はゴッホとの友情を描いていると言われているが、本当かどうか。
売れる作品を描いたのでは?と言われてもおかしくないかも。