読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精の行き先は。

日々思うこと。おこなったこと。。感謝です。

「日本 家」@ギャラリー矢田

ファンデナゴヤと同時開催

記憶のはがし方プロジェクト「日本 家」鷹野健 阿部大輔

 

家を樹脂で型取り色をつけて建てたもの。

大きさにも驚くがその発想を楽しむ。

「すげーな!」と思う。

大きいことは正義!

 

しかしよくよく考えると

外側を剥がしたものを外側から見るのは当たり前

だけど、外側のものを内側から観れる不思議感。

 

似たようなコンセプトの空缶あったなと思い出し調べたら

赤瀬川源平「宇宙の缶詰」だった。

名古屋市美術館で観た「ハイレッドセンター展」で観たから記憶の残ってたんだ。

 

つまり「建物の中にいるようで外側に立っている」

空間を裏返してるような感覚。

これに気付いた時なんとも得難い感覚になった。

 

 

f:id:rube_shu50:20160114104444j:plain

f:id:rube_shu50:20160114104456j:plain

f:id:rube_shu50:20160114104503j:plain

f:id:rube_shu50:20160114104517j:plain

 

内側から外側を観てる。

時空が捻じれてます。