読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精の行き先は。

日々思うこと。おこなったこと。。感謝です。

草間彌生 版画油彩小品展@名古屋画廊

f:id:rube_shu50:20130405134253j:plain

 

 草間彌生 版画油彩小品展@名古屋画廊

 

なにげにナゴヤアートニュースを見ていたら草間彌生さんの作品展があるじゃないですか!!

しかも、美術館ではなく画廊で!

草間さんの作品はあいちトリエンナーレ2010でしか見た時がないので見たかった。

そこで、行って来ました「名古屋画廊」

生まれて2回めの画廊。

緊張するなあ。

 

シルクスクリーンを中心に10点ほどの作品。

お客さんは僕一人。

見終わってから、勇気を出して

下の写真の「南瓜」の値段を聞いてみた。

f:id:rube_shu50:20130408162411j:plain

 

 

僕「あの〜。かぼちゃの作品ってちなみにおいくらですか?」

店「550万です。」

僕「ほ〜ぉ。」

店「多少は勉強しますけどねぇ・・・。」

僕「は〜ぁ。」

僕「・・・」

 

「南瓜」の隣にあった草間さんらしいドットの作品があったので

 

僕「隣の作品はおいくらですかね?」

店「1100万です。」

僕「は~~~。」

店「ご予算が足りなければ考えますけど。」

僕「あ、ありがとうございます。」

 

 

他の作品も数点値段を教えてもらったが、50万〜の値段でした。

・草間さんの作品はここ数年ブームでしかも海外で人気が高いとのこと。

・同じ「かぼちゃ」でも黄色の「かぼちゃ」の方が値段が高いとのこと。

 

草間さんのシルクスクリーンが50万から買えるのだとしたら、これからの事を考えるとお得なのかもしれない。

 

珍しい作品としてエッジングの作品もありました。

コレクターの方が珍しいと購入するらしいです。

 

 

こんな、僕にも優しく対応してくれた画廊の方に感謝です。

名古屋画廊さんありがとうございました。

 

 

去年、大阪の「草間彌生展」に行けなくて残念だったなぁなんて思っていたら、静岡県立美術館で「草間彌生展」が開催されるのを知ってウヒウヒ。

楽しみにしています。

 

「草間彌生 永遠の永遠の永遠の」

静岡県立美術館