読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精の行き先は。

日々思うこと。おこなったこと。。感謝です。

円山応挙展2回目@愛知県美術館

H25年4月5日。

行って来ました、2回目の円山応挙展。

f:id:rube_shu50:20130405152555j:plain

 

後期の目玉である「藤花図屏風」を見に行って来ました。

参照 応挙《藤花図屏風》が登場!

 

写真では、藤の花の色合いが表現できないと聞いていたので

「実物を見なくては!」

と思い同じ展覧会に2回行くことは今まで無かったのですが今回はじめて2回行って来ました。

 

実物をを見るとやはり色合いが綺麗で良かった。

カタログを見ると薄く感じるが、

本物はもっと濃い感じの藤色に感じられた。

光線の加減もあるだろうが発色が綺麗で素敵でした。

 

枝からすっと伸びる細い枝が余韻を感じさせなていると感じられ素敵だっなあ。

 

「四季草花図屏風」は派手さはないが緻密な草花で描かれている。

背景は灰色なのだが、これはなぜこんな色なんだろう?

金箔が多い屏風なのに灰色にしているのは「故意」だと思うのだが、金箔の上に墨を塗ったのか、銀箔の上に墨なのか、紙のままなのか?

どうなんでしょうね?

 

日本画の書き方や画材のことは全く知識ないのでこれから興味を持って勉強していこう。

 

カタログで見ていて後期に展示された

「四季の月図」

も実物を見れてよかった。

 

大乗寺客殿」の再現でLEDを使って光による演出をしているのだが、前回はカクカク感があったのが今回はスムーズになってました。

しかし、少し不満が。

もう少し暗い時の光の感じが欲しかったなあ。

残念でした。

 

 

 

 

f:id:rube_shu50:20130408144906j:plain

 

この頃、美術館通いが多くなっているので「えいやっ!」と

友の会会員にもなりました。

これからが楽しみです。

 

f:id:rube_shu50:20130405152936j:plain

 

 新しい「あいちトリエンナーレ2013」のポスター発見!

 

f:id:rube_shu50:20130405152832j:plain

これも見に行きたいなあ。

「東日本大震災ー報道写真展ー」